FC2ブログ

シャンパーニュ記 // Hure Freres

モンターニュとランス、リュード村。
著名なところでは ベレッシュも拠点を置くここで、
家族経営を続ける ユレフレール。

こちらの特徴はなんといってもリザーブワインです。
ソレラシステム、毎年新しく継ぎ足されるそれを使うことで、
シンプルなベースのものも瞬く間に複雑な味わいに仕上げることができる。

80年代から続くソレラによるリザーブワインは、
簡単には真似できない唯一無二の特徴です。



Tufe
テュフと呼ばれる土壌がまた注目すべきポイントでした。

表面には35㎝ほどの粘土と砂。ほどよい力強さと果実味を。

そしてその下にテュフ。それから石灰。
かたく黄色い砂、テュフの存在が、
シルキーさと軽快さを高めてくれるのです。


それから、塩気のイメージ。
モンターニュドランスのテロワールは、
塩気を感じさせるといい、
舌で感じる酸と、アフターに感じるタンニンが混ざり合ったときに、
塩気を感じる味わいを表現されています。


クラシックなアッサンブラージュのシリーズ。
単一の区画、ヴィンテージ、品種のキャトルエレマンシリーズ。

明確な違いの2つのパターン、
ベクトルの違うそれらの同時進行は、
今後もさらに広がりを続けるでしょう。




20180904215932da3.jpg


20180904215949505.jpg

1972年から1995年にかけて彼の父親によって手掘りされたカーヴ


20180904215945da9.jpg

キャトルエレマンというシリーズは、このような金具(アグラフ)を使用した栓で熟成
適度に空気をとおすことでクリーミーに仕上がる


2018090421594322f.jpg


201809042159492bd.jpg


20180904220106165.jpg


201809042201377a1.jpg

テイスティングはオーストリア ザルト社のグラスで。
(地球の自転角度をもとにデザインがなされている)
今回のシャンパーニュ訪問では こちらを使用されているメゾンがいくつか見受けられた

201809042201399a3.jpg

キャトルエレマンシリーズ3種類
''4つの要素''
ーーヴィンテージ、品種、区画、そしてユレフレール


2018090422014010c.jpg


201809042203014f4.jpg

フランソワ・ユレ氏
穏やかかつまっすぐ、明瞭な視点をもつ方


20180904220308280.jpg


2018090422030594a.jpg


201809042203109a7.jpg

さらさらと柔らかい、粘土混じりの砂

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミルカレス

Author:ミルカレス
大阪北新地のワインバー「ミルカレス」
店長:吉備です。

名店“ビストロ・ヴァンサンク”を皮切りに、「遊山 北新地店」など数軒のレストランで専属ソムリエとして勤務。特にブルゴーニュの赤ワインに精通する。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード