FC2ブログ

シャンパーニュ記 // Hugues Godme

訪問最終日、この日も3軒です。

まずはモンターニュドランス ヴェルズネーの ユーグゴドメから。

もともとは ''ゴドメ ペール エ フィス''として、
妹と運営していたが、
考え方の違い、とくに畑仕事に関しての点から、
袂を分かつことに。

手作業での畑仕事、ビオディナミの実施。

フランシスブーラールでは、
病に罹る葡萄の姿、それに寄り添う姿から、
ビオディナミというものに触れましたが、

ユーグゴドメでは、
明らかな畑の景色の色合いに、
それを垣間見たのでした。


自然酵母のみの発酵、
マロラクティックも 長引けども止めたりはしない。
バトナージュも基本的にはしないし、
毎週行う全てのストックの試飲によって
バランスを考えるだけ。

自然に流れる葡萄の成長、あらゆる変化の環境を整える、
それを超えることはテロワールの表現ではない。

ワイン造りとビオディナミにおける、
じつにシンプルな答えが彼らにはありました。




20180901163421a68.jpg


20180901163444bf9.jpg

カフェのようにスタイリッシュ
ここでテイスティング、ちなみに13種類

朝です


20180901163422b46.jpg


2018090116343030e.jpg

急遽畑に行く必要があった旦那様に代わり
テイスティングにて解説をしていただいた奥様
その後しばらく慌ただしくお仕事を


2018090116342312f.jpg


20180901163442f31.jpg

ちょっと私忙しいから、その間好きに見学しててね
ということで、カーヴ等を僕達だけで自由にウロウロすることに


201809011634464b0.jpg

樽は新樽ではなく、少し年季の入ったもの
醸造はとにかく自然体に、葡萄の力に任せる


201809011634186a6.jpg


2018090116350749e.jpg

自然のものを調合した肥料は、白く残る
淡い色調の畑は 本来の自然そのものの性格を表す


20180901163502faa.jpg


20180901163507fce.jpg

淡い色合いの景色
華やかに映えるマダム


201809011634501eb.jpg

湿度のバランスによって 良くも悪くも転んでしまう自然調剤
この日がベストのタイミングだったのでアポイントに合わせていただくわけにはいかない

作業をされていたのは別の畑だったが、
忙しい合間を縫って駆けつけてくださったパパ様

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ミルカレス

Author:ミルカレス
大阪北新地のワインバー「ミルカレス」
店長:吉備です。

名店“ビストロ・ヴァンサンク”を皮切りに、「遊山 北新地店」など数軒のレストランで専属ソムリエとして勤務。特にブルゴーニュの赤ワインに精通する。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード