修道士の頭???

さて、これは何でしょう

Image0901.jpg


これは、ジロールというチーズ削り器で
この上にチーズをセットして


Image091.jpg


このチーズはテット・ド・モワンヌというチーズで、
スイスのベルレー修道院で誕生したといわれるチーズで、テットは「頭」 モアンヌは「修道士」で、“修道士の頭”と言う意味の名前となります。
かつて農民が、修道士の数だけこのチーズを献納していたことに由来していると言われています。


Image092.jpg


上のレバーをクルクル回すと花びらのように・・・

Image093.jpg

少しブレでしまいましたが・・・・


Image094.jpg


まろやかな味わいと独特の香りをお楽しみ頂けると思います
ご来店お待ち致しております
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ミルカレスにピッタリな、可憐で、素敵なチーズですね。

No title

ありがとうございます、お味もなかなかいいですよ
よろしければ・・・・
プロフィール

ミルカレス

Author:ミルカレス
大阪北新地のワインバー「ミルカレス」
店長:吉備です。

名店“ビストロ・ヴァンサンク”を皮切りに、「遊山 北新地店」など数軒のレストランで専属ソムリエとして勤務。特にブルゴーニュの赤ワインに精通する。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード