FC2ブログ

シャンパーニュ記 // Leclerc Briant

ルクレール・ブリアン。

10軒訪れた生産者も、ここで最後です。


エルヴェ・ジェスタン。
彼の精神、もはやクエスチョンマークともいえることが
たくさん散りばめられた 特異な場所です。


もともと1980年代から シャンパーニュ地方としてはとくに早い段階から
ビオをとりいれてきたルクレールブリアン。
後継者の問題から売りにだされ、畑も一部失ってしまった過去がある中、
2012年に 彼を中心としたチームが買い戻し、
新たなスタートをきった形です。



素焼きのテラコッタは''大地のエネルギー''
ステンレスのタンクは''天のエネルギー''
木の樽はその両方(大地から天に向かってのびるイメージ)。

葡萄畑が与えてくれたものだからと、
キュヴェだけでなくタイユも一部使用。


品質の変化の調査のために、
海外に送ったシャンパーニュをわざわざ送り返してもらう。

卵は自然に立たないので、
卵型の樽は寝かせる。


海底に沈めたキュヴェも。


テクニカルな話ではない。
テロワールだけの話でもない。
ワイン、葡萄、自然、地球、宇宙、
そういった広がりの中から育まれる真理を追究する。

なんだかわからないことばかりですが、
結局わかるとか知るとか、そういうことじゃなくて、
そう感じたからそう造るだけであって、

呑むのもそうであればいいんじゃないかと、
清々しさを感じさせてくれました。




20180907162927805.jpg


2018090716294170e.jpg

ピカピカの巨大なタンク


20180907162927218.jpg

タンクの下部
アースで地面と繋げて 大地のエネルギーを取り入れている らしい


20180907162941473.jpg


201809071629423f9.jpg

このステンレスタンク、なんと内側が金でコーティングされている


20180907162943a3b.jpg

卵型のテラコッタ
産み落とされた卵は 横になるのが自然
だから縦に置かず横向き


2018090716320275b.jpg

エルヴェ ジェスタン

20180907163312fa8.jpg

縦に置くと 常に中で液体が動く
横に置くことで 流れは留まる
そのため 抜き取ったワインはこのように澄んでいる



201809071633464fe.jpg


20180907163403b8c.jpg

建物の横の細い通りに入り



201809071634117cc.jpg

草が生い茂る道を抜けると


20180907163404bff.jpg

すぐに畑が



20180907163404f87.jpg

7月上旬でこの実成り


2018090716325351b.jpg

テイスティングは外でゆったりと


20180907163403497.jpg

ブルターニュの海底60mで15ヶ月寝かされたキュヴェ ''アビス''
abbysal とても深いことを意味する言葉から。
6バールの気圧、12℃を維持できるらしい

海の中で自然についた模様をそのまま活かすので、
一本ずつ違います。




2018090716335127a.jpg


これにて今回の10軒分のテイスティングが終了

なかなかの量を連日試させていただき、大変でしたが、
いざ終わるとなると まだいけるなと思ってしまいます。


スポンサーサイト
プロフィール

ミルカレス

Author:ミルカレス
大阪北新地のワインバー「ミルカレス」
店長:吉備です。

名店“ビストロ・ヴァンサンク”を皮切りに、「遊山 北新地店」など数軒のレストランで専属ソムリエとして勤務。特にブルゴーニュの赤ワインに精通する。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード