FC2ブログ

シャンパーニュ記 // GOSSET

今回の訪問先では 最大規模です。

Ay村が拠点だったゴッセは、僕たちが訪れたエペルネにも大きな醸造所を構え、
なんせ年産100万本、
敷地の全てを合わせると
600万本を越えるシャンパーニュたちが地下深くで眠っているそうですから、
それはそれはすごいスケールです。


畑はほとんど持たず、何百もの葡萄栽培農家と契約、
それらを各村ごとに丹念に分けて仕込んでいく。

''私たちはその道を選んだのです''

広大な敷地のなか、畑を持たないことへの問いに対したこの答えは、
様々な造り手のあり方をもつシャンパーニュの生産者の、
自負の一つを感じ取れました。


こちらも色々と独特のシャンパーニュを造られていますが、
特に印象的だったのは、
''シャルドネの澱''と共に寝かせた、ピノムニエの存在。

ルイ・ニケーズでは、チョーク質や石灰質にも植えたピノムニエがありましたが、
ゴッセではべつのアプローチでのピノムニエの可能性を知りました。



…ちなみに、
滞在時間も最大規模でした。
見学とテイスティングのあと、
ディナーをご一緒にここで取らせていただいたということもありますが、

17:00に到着し、去ったのは23:30を越えていたような…
フランスの方、お喋りにもほどがあるでしょうw


20180821004058315.jpg


20180821004055b63.jpg


20180821004112ca0.jpg


201808210041086e0.jpg

地下セラーは非常に深いです


2018082100411515b.jpg


20180821004116450.jpg


20180821004114e49.jpg

地下20mにまで達します


20180821004030807.jpg

柵ごとに様々なキュヴェが


20180821004116bee.jpg

日本のように 地震が頻発する場所では難しいですね


20180821004734506.jpg

木樽は 試験的に導入しているこの2樽のみ



2018082100472433d.jpg

広大な敷地を移動して


20180821004705ae1.jpg

色々テイスティングさせていただいてから

20180821004715dec.jpg


ディナー


201808210047206cc.jpg


20180821004728028.jpg


2018082100472898d.jpg

20180821004733fab.jpg

このとき、サッカーワールドカップでフランスが決勝進出を決め(見てはいない)、
98年のセレブリス マグナムボトルを振舞われました!


201808210047266c4.jpg

ブランデーまで…



スポンサーサイト
プロフィール

ミルカレス

Author:ミルカレス
大阪北新地のワインバー「ミルカレス」
店長:吉備です。

名店“ビストロ・ヴァンサンク”を皮切りに、「遊山 北新地店」など数軒のレストランで専属ソムリエとして勤務。特にブルゴーニュの赤ワインに精通する。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード